TOP > ビジネスコンセプト

ビジネスコンセプト

SOCSマネジメントシステムズはあなたのビジネスに関わるリスクを
プロフェッショナルの目から見直します。

リスクマネジメント

トータルコストマネジメント

「HACCPマネジメント」と「コストマネジメント」をバランスさせる最適解の開発で、合理的に負担可能なコストで、最良の安全と安心の実現を支援します。 ソフトウエアとハードウエアの改良、管理基準と従業員教育、専門的サービスなど、トータルシステムとしてマネジメントサービスを提供します。
「HACCP/SSOP」と「リスクマネジメント」を、PPEシステムをバインダー(中間的仲介システム)とした統合的運用により、環境改善・維持を最適のコスト効率で実現します。
「コスト」改善は直接的経費だけでなく、関連人件費、商品ロス率、エネルギーコスト、資産償却コストなど関連する総コストのコントロールと、「遺失利益」をも含めた「ホールコスト」評価に基づき、トータルコストの最適化を実現します。

HACCP/SSOPマネジメント

「食」を製造、販売、提供する企業は、「安全」と「安心」に関わる様々なリスクと正面から向き合い、効果的にマネジメントすることが求められています。 「リスクを最小化しコントロール可能にする」ことと「コストを最適化し事業の収益性向上に貢献する」ことは二項対立と考えられ、多くの場合「収益性」改善の名の下に、コストの「最適化」ではなく「最少化」がリスク評価もなく安易に行われてきました。  SOCSマネジメントシステムズはHACCP※1とSSOP※2を基礎にしたトータルマネジメントシステムにより、「リスク」と「コスト」を最適にバランスさせ、それぞれ許容可能な範囲でコントロールします。  コストと収益性目標の中で、科学的な危害要因の分析・評価に基づき、プライオリティを明確にしたプランニング→実施→効果測定→改善計画の有機的マネジメントシステム(PPEシステム※3)により、最適なコスト効果でリスクをマネジメントし経営目標の実現化を支援します。
※1 Hazard Analysis and Critical Control Pointの頭文字をとったもので食品の衛生管理システムの国際標準
※2 Sanitation Standard Operating Procedures : 衛生標準作業手順
※3 Proof Based Planning and Execution System : 根拠と実証に基づくマネジメントシステム